脱カフェイン生活再び。離脱症状の頭痛に襲われる。

f:id:ramsyo:20181014185213j:plain

 

先週から脱カフェイン生活を始めました。

 

昨年も似たようなことをしましたが(この記事)、

 

最近、またコーヒーを毎日何杯も飲むようになり自律神経が狂って調子が悪くなったため、いっそカフェインを断つことにしました

 

今回の「脱カフェイン」のルールは、

 

・ノンカフェイン飲料のみを口にすること(水、麦茶、ジュースなど)

・カフェインレスコーヒーはOKとする

 

という形でやっていきます。

 

離脱症状の襲来

 

先週の土曜日から1週間、コーヒー、紅茶、緑茶、エナジードリンクなどのカフェイン入り飲料は一切とっていません。

 

その間に僕の身に起こったことは以下の通り。

 

・初日:休日。正午に激しい頭痛。倦怠感。後に睡魔のため10分間昼寝。

・2日目:休日。夕方に激しい頭痛。倦怠感。睡魔のため10分間夕寝。

・3日目:休日。夕方に頭痛。倦怠感。睡魔により10分間夕寝。

・4日目:仕事。午後に軽い頭痛と睡魔。

・5日目:仕事。午後に軽い頭痛と睡魔。

・6日目:仕事。頭痛と睡魔おさまる。

・7日目:仕事。頭痛、睡魔なし。

 

頭痛、やはり起こる。

 

急にカフェインをやめたことによる離脱症状です。

 

カフェイン依存症になっていた証拠です。それと睡魔と倦怠感も強かったですね。はじめの3日間は連休だったんで、そのまま横になれたのが幸いでした。

 

それまで多量に摂取してた人間が、いきなりカフェインをゼロにすると、こういう離脱症状に襲われます(なのでカフェインの量を減らしたいときは徐々にやりましょう)。

 

カフェイン摂りすぎは体調不良の原因になる

 

脱カフェイン生活の前に自分の身体に起こっていたことは大体こんな感じです。

 

・頭がぼんやりする

・集中力がなくなる

・眠気

・倦怠感

・フラフラになる

 

これ全部がカフェインが原因とは限りませんが、カフェイン断ちしてからは明らかに改善しています。

 

脱カフェイン生活を続けたら、これらの症状はさらに良くなるのか、もう少し様子を見てみようと思います。

 

同時に睡眠や食事にも気を遣っていきたいですね(そっちをいい加減にしてたら、また違う不調に悩まされると思うので)。

 

カフェインの摂り過ぎは、体調不良を招きます。

 

コーヒーは、適量であればガン予防にもなる飲み物ですが、

 

「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」

 

と言うように、とりすぎは良くないのです。

 

そもそも依存症になるような飲み方は、コーヒーに対して失礼です(笑)。 

 

1日に1~2杯、ほどほどにたしなむ。それがコーヒーの本来の飲み方ではないかと思います。

 

www.ramsyo.com