【映画】『ダンケルク』感想~「撤退戦」のリアルな緊迫感と臨場感~

f:id:ramsyo:20180901025131j:plain

(c)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

2017年 イギリス・フランス・アメリカ・オランダ

監督 クリストファー・ノーラン  

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

やや異色な戦争映画です。

 

まず戦争映画といいつつも、手足が吹き飛ぶ的な描写は一切ありません。 

 

また。ストーリーはいたって淡白、かつドライ。

 

なんせ、登場人物を掘り下げる描写が一切なしで、全員プロフィール不明。主人公の名前すら明かされません

 

観客が知ることができるのは、登場人物たちが、それぞれ目の前で起こることに対して、必死で行動しているという事だけです(それしか映し出されないので)。

 

さらに、3つの異なる時間軸で進むシーンが同時進行していくという、変則的なスタイルを取っています。 

 

よくあるハリウッドの戦争映画とは、描き方が全然違っていて、まさにイギリス映画という感じです(←偏見入ってます)。

 

映画は、イギリス兵の主人公が銃弾の中を逃げ惑い、海辺にたどり着くところから物語がスタートします。

 

物語の背景~ダンケルクの戦い~

 

この映画は、第二次世界大戦の実話が元になっています。「ダンケルク」はフランスの地名です。

 

「ダンケルクの戦い」の経緯は大体こんな感じです。

 

1940年、ヒトラーのナチス政権下にあるドイツがフランスに侵攻。イギリス・フランスの連合軍がそれを迎え撃ったものの惨敗。40万の兵がダンケルクの海辺に追いつめられる。イギリスは撤退を試みるものの、ダンケルクの海辺は遠浅のため、大きな艦隊を使えず、一度に多くの兵士を撤退させることが不可能だった。そんな中、遠浅でも乗り付けることができて、かつ魚雷に狙われにくい民間船が、イギリス兵を救出しに行き、結果40万人の兵士が撤退に成功する。

 

本作は、その「大撤退劇」を描いた映画です。

 

ちなみに、作中ではその背景はまったく説明されません

 

映画は、すでに撤退し始めているところから始まるため、観客はいきなり物語の中に放り込まれることになります。

 

感想 (※以下ネタバレあり) 

 

この映画でもっとも印象に残ったのは、フランス兵のギブソン(本名不明)です。

 

ギブソンは英語が話せないので、主人公とは一言も会話しません。にも関わらず、「戦場から逃げたい」というお互いの気持ちが一致し、不思議と2人息のピッタリ合った行動を取るようになります。

 

ここ、面白いなと思いました。人って言葉が通じなくても、意気投合することが可能なのだということを、うまく表現してるな、と。

 

で、このギブソン、序盤でイギリス兵の遺体から服をはぎ取り、イギリス兵のふりして、ドサクサに紛れて逃げようとするという、ズルイことしてます。しかし、その実いい奴です。

 

例えば、主人公たちが乗り込んだ戦艦に、魚雷が撃ち込まれるシーンがあります。この時、船内に猛烈な勢いで水が流れ込み、主人公たちイギリス兵は、あわや溺死しそうになります。が、たまたま外にいたギブソンが入り口のドアを開けてくれたおかげで、脱出することができます。

 

ギブソンは最初、魚雷が被弾した瞬間、すぐに海に飛びこんで逃げようとしますが、ハッと思い返し、船のドアを開けに行きます。もちろん船の中のイギリス兵たちを救うためです。

 

これ、明らかにいい奴だろ・・・

 

ふつう自分も命の危険にさらされてるとき、とっさにこんな機転なんか利かないと思います。そんな余裕なんかないはずです。しかもギブソンはイギリス兵に扮したフランス兵です。イギリス兵たちは同胞でも同僚でも何でもないのです。

 

そのうえ、無事に海へと脱出できた主人公たちが、救命ボートに乗り込もうとして、無情にも「定員オーバーだ」と拒否されたときも、先に救命ボートに乗っていたギブソンが、こっそりロープを投げてやって主人公たちがボートからはぐれないようにしてくれたりするのです。イイ奴すぎる…

 

けど、このギブソン、残念ながらこの善意が報われません。

 

魚雷に沈められた船から脱出し、ダンケルクの海辺に引き戻された主人公、ギブソン、イギリス兵たちは、座礁した漁船を見つけ、そこに乗り込みます。満潮になって船が浮き上がれば、そのまま撤退できるのでは、という期待からです。

 

で、船底にひそんで、船が浮くのを待ちます。ところがドイツ兵からの銃撃を受け、船に穴を開けられ、しかもその穴から水が入り込んでくるのでした。

 

その船の船長は「船が軽くなれば、浮きあがって沖に出られる」と言います。加えて、暗に「お前らがいるから船が重いんだよ!」という意味のことを言います。

 

そうなると当然、「誰かが船を降りろ」という話になります。しかし、船を出たらドイツ兵に銃撃されるリスクがあります。そんな状況の中で、ギブソンはフランス人であることがバレてしまい、「お前が出ろ!イギリス人じゃねーんだから」と、銃をつきつけられます。

 

主人公は「彼に命を救われた」とかばいますが、他のイギリス兵たちにとって、イギリス人ではないギブソンは、真っ先に切り捨てるべき人物なのでした。

 

極限状態で、ギブソンは彼らを救い、彼らはギブソンを見捨てる。

 

その対照的な姿に虚しさを覚えます。やさしくない世界…

 

そして、その後も水がどんどん流れ込み、ついには主人公たちのいる船底が、天井まで水で満たされそうになります。

 

そのとき、イギリス兵たちは船が沖に出ていることに気がつき、お互い「船を捨てろ」と声を掛け合って船底から脱出し始めます。

 

しかしギブソンは周りの英語が分からず、逃げ遅れて溺れてしまいます…。無情なり。

 

アメリカ映画だと、ギブソンのようなキャラは、「実は生き残ってました」みたいな終わり方をして、ハッピーエンドになるのですが、そこはシニカルなイギリス映画(←偏見入ってます)。そういうご都合主義的な展開はありません。「善人だから生き残る」なんて保証は現実世界にはありません。実に無情なり。

 

ラストの「含み」

 

クライマックスのシーンも印象に残りました。

 

撤退から一夜明けた日の新聞には、撤退に成功した兵士たちを賛美する記事が載っています。駅に着くと、撤退した兵士たちは、熱狂と声援で迎えられます。

 

まるで勝ったかのようです。実際は負けて撤退しただけで、ドイツ軍の侵攻の脅威も消えていないのにも関わらず。

 

ラストシーン、主人公は新聞に書かれているチャーチル首相の「偉大な撤退が成功した!イギリスは絶対に負けない!迎え撃つ!勝利する!」といった内容の声明を読み上げた後、最後にほんの一瞬「…ん???」という顔をし、エンドロールに切り替わります。

 

ここ、うまく含みを持たせているシーンだなと思いました。

 

ここのシーンをどう解釈するかは、人によって分かれると思います。一瞬なので、見落とす人もいるでしょうけど。

 

ちなみに僕は「え、負けて逃げ帰ってきただけなのに、何で英雄扱いされてるんだ???」という意味かと思いました。

 

いずれにせよ、最後のその「含み」があったために、

 

絶体絶命の状況から40万人を撤退させたイギリスすげえええ!イギリス万歳!ということが言いたい映画ではない、

 

という印象を抱きました。

 

感想まとめ

 

この「ダンケルク」という映画、冒頭に書いたように、ドラマ性はほとんどないです。

 

そのうえ背景の解説もなければ、セリフも少なく、ただその時その時の状況を映し出すだけなので、「一体どんな事情があって主人公たちはこういう行動を取っているのか」ということがつかみにくかったです。

 

なので、やや置いてけぼり感を味わいました(笑)。

 

その代わり、戦場の臨場感とか、緊迫感みたいなものに卓越したものを感じました。ドラマ性を削ぎ落して、そこの表現に特化したみたいな映画です。

 

評価が分かれるとしたら、その「ドラマ性の低さ」の部分でしょう。 

 

僕は、ところどころに散見されるシニカルな表現や、まるで自分もその場にいるかのような臨場感を味わえて、わりと楽しめました。

 

よくあるベタな戦争映画とは違った、変化球的な映画だといえます。

 

評価:★★★★☆(4/5点)