【映画】『ハクソー・リッジ』感想~武器を持たぬ兵士の話~

f:id:ramsyo:20180901025550j:plain

2016年 アメリカ

監督 メル・ギブソン

 

「ハクソー・リッジ」とは 

 

一切の武器を持つことを拒否した兵士の物語。

 

この映画は沖縄戦が舞台になっており、実話をもとにして作られています。

 

映画のタイトル「ハクソー・リッジ」とは、沖縄県浦添市の「前田高地」のこと。浦添城跡のある高台に位置します。

 

実際、その地に行くと、今でも塹壕の跡を目にします。

 

f:id:ramsyo:20180815001334j:plain

浦添城跡にある塹壕跡(撮影者ramsyo)

 

良心的兵役拒否・武器を持たない・人を殺さない

 

ここで映画のあらすじをさらっと紹介。

 

デズモンドは良心的兵役拒否者。

 

しかし兄弟や友人たちが国のために戦争に志願していくのを見て、いてもたってもいられなくなり、衛生兵として陸軍に志願。

 

しかし入隊した先では、個人的信条から「一切の武器を持たない」と、訓練で銃を持つことを拒否。

 

それが周囲からは理解されず、しごきやリンチに遭う羽目に。

 

デズモンドは、それでも最後まで自分の信念をかたくなにつらぬき、結局いっさいの武器を持たずに戦地に赴く。

 

デズモンドの任地は、沖縄のハクソー・リッジ。日米両軍ともに、多数の死傷者を出している激戦地。

 

「命を奪うのが兵士なら、僕は命を救う兵士でありたい」

 

そう心に誓うデズモンドは、衛生兵として、戦地に取り残された負傷兵たちを次々と救っていくのであった。

 

と、こんな感じです。

 

正直、デズモンドが兵士として志願しておきながら、いっさいの武器を持つことを拒否するというのは(話としては面白いけど)、

 

え、武器持ちたくないなら、なんで兵隊なろうとするの?

え、人を殺したくないなら、なんで戦争行こうとするの?

 

としか思えませんでした(笑)。

 

そもそも戦争は敵の兵士を殺しに行くものですし、武器を持つのは敵の殺意から自分の身を守るためでもあります。その両方を拒否しながら、戦地行きを志願するというのは、相当な変人です

 

デズモンドがそのような信念を持つに至ったのは、個人的な体験や宗教的な信仰心からなのですが、どちらも僕にはピンと来ませんでした。

 

だいいち、武器を持たないので、仲間から助けられることはあっても、仲間を援護したり、仲間を敵の攻撃から防ぐために応戦することができません(まるでどっかの国とどっかの国の関係みたいな…)。

 

なんとも都合が良すぎる話です。個人的信条は結構ですが、そのために周囲に迷惑をかけるのはいただけないと思いました。

 

ただ、そんな「変人」が、戦場で思わぬ活躍を見せます。いや変人だからこそでしょうか。

 

隊が「ハクソー・リッジ」から撤退したあとも、一人その場に残って、置き去りにされた負傷兵を次々に救い出します。

 

隊の命令は「撤退」。しかしデズモンドはその時、「声」を聞きます。そしてその声に導かれ、戦場に残ります。

 

そして自分の信念に従い、たった一人で多くの負傷兵を救い出します。

 

「神様、せめてもう一人、あと一人、救わせてください」

 

そう祈りながら、次から次へと負傷兵を救い出していくのでした。

 

これは誰にでもできることではありません。デズモンドの信念が本物であることが分かるシーンです。

 

唐突な自決シーン

 

ところでですね、この映画、唐突に日本軍の大将らしき男が出てきて、自決するシーンがあるんですがね、

 

その方法がですね、切腹に介錯と来た!

 

 

なんだかなぁ…

 

 

江戸時代とごっちゃになってない?

 

 

って思いました。

  

いや、当時切腹して果てた軍人がいたことは知ってますよ。

 

しかしあんなに綺麗な介錯をしてもらう人なんて、いたんでしょうか?

 

江戸時代、介錯で首を斬るのは、技術的に高度さを要求されたので、剣の達人が担当してたと言われます。

 

で、江戸時代が終わったのが1868年。沖縄戦が1945年。

 

すでに江戸時代が終わって80年近く経ってるんで、当時まともに介錯できる人はほとんどいなかったはずです。 

 

昭和の軍人の自決方法の多くは、銃剣で喉元を突き刺すか、手りゅう弾で自爆するか、です。

 

なんかもう、日本と言えば「フジヤマ」「ハラキリ」「ゲイシャ」「スシ」のイメージしかないレベルの人たちに「ハラキリ、キター!!」って喜ばせるためだけに入れたシーンとしか思えなかった(笑)。

 

それまで真面目な話だったのが、そのシーンのせいで一気にギャグ化してしまって、非常にもったいないなと思いましたね、えぇ…。

 

※ただ、日本兵のキャストにちゃんと日本人を使ってくれていた点は、好印象だったことを書き加えておきます。

 

あ、ちなみにこの映画の監督(メル・ギブソン)は確実に趣味悪いです(笑)

 

グロいシーンをいちいちアップにして、観客の目にしっかり焼き付かせようとしてきます(笑)。

 

まあ「戦争は決して美しいものではないよ」というメッセージを、そういう形で表現したのだと思うことにしますが。

 

感想まとめ

 

デズモンドは、あるときふとこういうセリフを苦にします。

 

命を奪うのが兵士なら、僕は命を救う兵士になるよ

 

それを見事有言実行したわけです。それも激戦区の沖縄戦で。

 

沖縄戦はアメリカにも多数の戦死者を出した激戦でしたが、その中で武器を持たずに多くの負傷兵を救ったというのは、もはや「本物」といえます。

 

この映画は「信念」の映画です。

 

己の信念を貫こうとすると、周囲と衝突し、浮世離れした人間になってしまうということが描かれていて、そこにリアルさを感じ取りました。

 

しかし、その信念が「本物」であれば、人を救うことができ、周囲からの信頼を勝ち取ることができるのです。

 

ただ、個人的にデズモンドへの感情移入や共感は難しかったですね。

 

自分はキリスト教的な信仰心を持ち合わせてませんし、そういう信条を持っていながらなぜ、戦争に行くのか?と、どうしても思ってしまいます。実際、こういう人がいると周りは大変だろうと思います。

 

デズモンドの行為は尊いものですが、そこのところの溝はどうしても埋めることができませんでした。

 

評価:★★★☆☆(3/5点)