目標を達成するために大切な3つのマインド~W杯・ポーランド戦のパス回しから見たもの~

f:id:ramsyo:20180706000542j:plain

 

連日、サッカーロシアワールドカップの試合を観る日々です。

 

最近、ブログ記事の下書きが遅々として進まないのは、ワールドカップのせいです。仕事中に眠くなるのもワールドカップのせいです。

 

すべてワールドカップのせいです!

 

それはともかく、今大会での日本の成績はベスト16でした。最後はベルギーに2-3で逆転負けをし、敗退してしまいました。

 

日本は、終わってみれば1勝1分2敗。結局、10人になったコロンビアに勝ったのみで終わります。今回も、世界の壁を打ち破るには至らず。

 

とはいえ、大会前は「グループリーグ敗退確実」と言われていたチームだったので、ベスト16入りはむしろ快挙でしょう。

  

形にこだわらずチャンスをつかみに行く

 

今大会の日本の試合で一番興味深かったのは、グループリーグ第3戦のポーランド戦です。

 

日本は試合終盤、0-1で負けていながら、ひたすら自陣でパス回しをして時間を稼ぐという戦法を取りました。

 

このとき、他会場で試合しているセネガルもコロンビアに0-1で負けていました。日本とセネガルは勝ち点と得失点差が同じで2位で並んでいましたが、フェアプレーポイント(警告・退場の少なさ)で日本がセネガルを上回っていました。

 

そのため、日本とセネガルの試合がそのままのスコアで終われば、日本が決勝トーナメント進出するという状況でした。

 

日本代表の西野監督は、そこに賭けます。

 

そして、そのまま0-1で試合を終わらせることにします。

 

そこから、約10分の間、延々と日本のパス回しが続きます。

 

この戦法は、セネガルが1点決めた時点で無意味になるという、ほぼ運任せの消極策です。ただ、この試合で日本はポーランドに押され始めていて、2失点目を喫する可能性もありました。

 

西野監督は「ポーランドにもう1点取られるリスク」と「セネガルが1点決めるリスク」を天秤にかけた結果、前者のリスクのほうが高いと判断します。

 

そしてポーランドは勝っているため、ボールを奪いに来ません。西野監督はそれも読んだうえで、試合終了までパスを回すように指示を出したのです。

 

結果、日本は決勝トーナメントへの進出を果たしました。

 

まあ、スマートな方法ではありませんでしたし、そもそもあのパス回しをせざるを得ない状況になった時点で、西野監督は采配ミスを犯したといえます。

 

が、それはそれとして、とりあえず0-1という目の前の現実を受け止め、形にこだわらず、最も決勝トーナメントに進出する可能性が高かった「その時点での最適戦略」を冷静に選択したことは、素晴らしかったと思います。

 

「敗退してもいいから最後まで戦う姿勢が観たかった!勝ちに行ってほしかった」という人の気持ちは分からなくもないですが、敗退しちゃダメです

 

形にこだわるあまり、目の前のチャンスを逃すのは愚かなことです。 

 

今大会の日本の目標は、「まずグループリーグ突破、そして初のベスト8入り」です(そして究極的には、本田が言うように「優勝」が最終目標でしょう)。

 

そういう意味で、西野監督のあの判断は正しかったのです。ベスト8入りするためには、まず何はともあれグループリーグを突破しないことには始まらないからです。まあ結果的にはベスト16どまりでしたが。

 

それでも1試合多く戦えた分、日本がベスト8に行くために何が足りないのか分析し、今後に活かすことができます。

 

そう考えると、やはり決勝トーナメントに進出することには意味があるのです。

 

形にこだわらない・最適戦略を考える・目標を見失わない

 

西野監督がポーランド戦でやったことをザックリまとめると以下の通り。

 

・形にこだわらない

・最適戦略を考える

・目標を見失わない

 

これってサッカー以外でも大事なことです。

 

例えば、人生で成し遂げたいことがある人は、この3つのマインドがすごく大事になってくるのではないでしょうか。

 

形にこだわるあまりチャンスをつかみ損ねてしまったり、最適戦略を取ることができず失敗に終わってしまったり、手段と目的を混同して本来の目標を見失ってしまったり。

 

それを防ぐのが、上の3つのマインドなのです。

 

西野監督は、ポーランド戦ではその3つのマインドを発揮し、グループリーグ突破と言う結果を残したのでした。