【映画】『殿、利息でござる!』感想~名もなき平民のささやかな偉業~

f:id:ramsyo:20180217232705j:plain

公開:2016年 日本

 

 

江戸時代の実話をもとにしたお話

 

原作は磯田道史「無私の日本人」です。

 

決して歴史の表舞台には出てこない、けれど、とても大事な仕事をした、そんな男たちの物語です。

 

きっかけは「ひらめき」

 

舞台は仙台藩の吉岡宿。

 

この宿場町では、「伝馬役」という物資輸送の役目が課せられていました。

 

しかし、そのための費用は、すべて宿場の住人が自腹で負担しないといけませんでした。

 

しかも吉岡宿は、人の往来が少なく、どの店も儲かってないため、「伝馬役」の負担が重く、夜逃げする者が後を絶ちませんでした。

 

穀田屋十三郎(阿部サダヲ)は、そんな町の惨状を何とかしようと、代官に直訴しようとします。

 

しかし、そこは身分制の厳しい江戸時代。平民が武士に対して不満を申し立てた場合、下手すると打ち首となります。

 

そのため、京での茶の修行から町に戻ったばかりの菅原屋篤平治(瑛太)に強く止められ、事なきを得ます。

 

その日の夜、菅原屋(瑛太)が飲み屋へ行くと、そこに穀田屋(阿部サダヲ)がいました。

 

菅原屋は、京で茶の修行をする資金として、穀田屋の弟・浅野屋甚内(妻夫木聡)から借金をしていました。

 

「あんたの弟の借金の利息きつすぎィ!」(※)と、穀田屋に愚痴っていたところ、菅原屋はあることをひらめきます。

 

「あ、そうだ!殿様に金貸して利息取ればいいんじゃね?で、その利息で伝馬役の負担をまかなえば、町の人みんな楽になるんじゃね?」(※)

 

※実際はこんな口調じゃないですw

 

というわけで、そのアイディアを実現するために、二人は奔走することとなります。

 

相手は殿様ですから、貸す金は、それなりに大きな額(現代で言えば一億円以上)になります。 しかも、利息が入ってきたら、それをすべて伝馬役の負担にあてるので、自分のフトコロには入りません。

 

つまり、莫大な金を出して、自分は一文も得しない。純粋に町のためだけに、多額のお金を貸すわけです。

 

ですが、それによって伝馬役の負担がなくなれば、町の人は皆、自分の商売で得た利益を、そっくりそのまま自分のために使えるわけです。

 

そうすれば、生活も楽になり、夜逃げする人もいなくなり、店の事業を拡大することもできます。町の衰退に歯止めがかかります。

 

目先の損得よりも、町の未来を考えた投資。

 

その志が、他の人たちをも巻き込んで突き動かしていく、そんなお話です。

 

歴史に埋もれた知られざる偉業

 

この話の主役は「名もなき平民たち」です。

 

「理不尽な負担のせいで衰退しまくっている宿場町を立て直す」

 

という、ささやかな偉業を描いた作品です。

 

長い歴史の中でみると、仙台藩にある小さな宿場町での、ささやかな出来事にすぎません。しかし、そのおかげで吉岡宿は消滅することなく存続し、現代にいたるまで、そこに人が住み続けています。

 

一つの町を、消滅の危機から救ったのです。長い歴史からみれば、ささやかな出来事かもしれませんが、偉業です。

 

そんな、名もなき人たちによる偉業を、原作者であり歴史学者である磯田道史氏(一瞬だけ映画に出演してます)が発見し、世に紹介したことで、こうして映画にもなり、現代に広く伝わることになったわけです。

 

平成末期の今この時代に、忘れ去られていたこのエピソードがよみがえったのは、「目先の損得ばっか気にしてたら、将来じり貧になるよ」という、ご先祖様からのメッセージかもしれません。

  

ちなみにこの映画、先日五輪で二連覇を果たした、フィギュアスケートの羽生選手が出演しています。普通にそつなく演じていて驚きます(笑)。 

 

評価:★★★★☆(4/5点)