生ビール派の自分がキリン「のどごしストロング」飲んで思ったこと

f:id:ramsyo:20180126004856j:plain

 

キリンの新製品「のどごしストロング」を飲んでみました。

 

いわゆる、生ビールや発泡酒とは別の「第3のビール」と言われるジャンルのお酒です。

 

で、飲んで思ったのは、自分の場合「酒って、酔えればいいってわけじゃないんだな」ということでした。

 

定番商品になるか?

 

「のどごしストロング」の特徴は、アルコール度数が7%で、発泡酒や生ビールよりも高いことです(それらは5%です)。

 

実際、飲んでいて酔いが回るのが少し早いと感じました。なので「酔う」を目的とするなら、手っ取り早いお酒といえます。

 

味は発泡酒に近いです。発泡酒が好きな人なら、他の発泡酒よりも早く酔えるので、気に入るでしょう。

 

なので、定番商品となる可能性はかなり高いと思います。

 

この手の新製品って、出たと思ったら消え、また出ては消え、ということが多く、「結局、昔からある定番商品が残る」ということになりがちです。

 

しかしこの商品は新たな定番商品として食い込む可能性があると思います。

 

「手軽に酔える」「生ビールより安い」というコスパの良さは、受けがいいのではないか?と思うためです。

 

やはり生ビールのほうが好きです

 

ところで、生ビール派で、かつ「発泡酒まずっ…」と思っている人は、この商品は受け付けないと思います。

 

確かに、飲めばすぐ酔いが回ります。

 

けど、フラフラになるだけで、何も楽しくありません。生ビール派で、かつ発泡酒がダメな人は、「麦の味」を求めているからです。

 

発泡酒にはそれがなく、この「のどごしストロング」もその域を出ていません。というか、のどごしストロングは「第3のビール」であり、発泡酒ですらないので、そもそも麦芽が入ってません。

  

ビールは、小麦とホップで作られているもので、麦の割合が多いほど美味しくなります。

 

なので、本当においしいビールを作ろうと思ったら、麦の割合を増やすのですが、その逆に、麦の割合をどんどん減らして作ったのが発泡酒です。

 

そして第3のビールは、麦芽を入れずに製造された「ビール風のお酒」です。

 

だから発泡酒や第3のビールは、生ビールより味が薄いのです。

 

ちなみに僕は味の濃いビールが好きなので、発泡酒や第3のビールはあまり好きじゃありません。

 

好きなのは、麦の割合の高いクラフトビールと言うジャンルのビールです。とりわけドイツビールは別格ですね。

 

それと、たまに「生ビールより安いから、毎晩発泡酒で我慢してる」っていう人がいますが、理解に苦しみます(笑)。

 

それだったら毎晩飲むのを我慢して、代わりに2~3日に一回、生ビールを買うほうがいいと思うんですよねえ。

 

我慢してまずいもの飲むよりは、美味しいほうがいいじゃないですか(笑)。

 

2~3日我慢すれば、そのぶんビールも美味しくなると思いますし(我慢できなかったら、アルコール依存症のケが出てますよ)。 

 

※ただし「ホワイトベルグ」「ヒューガルテン」といったベルギーの発泡酒は別です。製法が違うためでしょう。 

 

終わりに

 

結局、自分はビールの味にも、ある程度「こだわり」があるんだなあ、ということが分かりました。酔えればいいという話ではないのです。

 

今回、「のどごしストロング」を飲んだことで、ハッキリとそれを自覚しました。

 

 

 

おススメ記事 

 

ramsyo.hatenablog.com