30代で意識したいこと~休息・食事・運動~

30代に突入すると、20代の頃とは身体が変化します。

 

特に、疲労回復のスピードが落ちます。

 

無理が続くと、すぐコンディション不良になり、睡眠不足が続いた日には、いとも簡単に慢性疲労になります。自分の場合は、自律神経が乱れて、頭がボーっとするようになります。

 

20代の頃は、気合と回復力で乗り切れていたのが、少しきつくなります。

 

要するに、身体が少し衰えます。

 

自然の摂理です。

 

アスリートが、30歳を過ぎると引退していく理由が、なんとなく実感できるようになります。

 

「休む」の重要さが増す

 

20代の頃は、体力でも仕事でも勉強でも趣味でもなんでも、鍛えれば鍛えるほど伸びるという感覚がありました。

 

つまりやればやった分だけ、ぐんぐん伸びるだろうな、という確信です。

 

30代になった今でも、その感覚はまだあります。自分の知力・体力はもっと伸ばせるのではないかと思っています。

 

が、同時に、しっかり休息をとりながらじゃないとぶっ壊れるな、という感覚も強くなりました(20代でも、無理したらぶっ壊れますが)。

 

回復力が落ちるため「休む」ことの重要性が増します。

 

寝るときは寝る。何かを集中してやっていても、間に必ず休憩をはさむ。といったことをしないと、簡単にコンディション不良となります。

 

「疲労とかぶちのめす!!」

 

では乗り切れなくなります。返り討ちに遭います

  

寝るときはしっかり寝るなどして、英気を養わなねばなりません。

 

忙しくとも、適度にうまく休息を取り入れていかねばなりません。

 

食生活と運動習慣が明暗を分ける

 

30代になると、食生活が重要性を増します。

 

僕の場合は、なるべくサラダ・魚・豆腐・納豆、根菜類を入れた味噌汁といったものを口にするようにしています。

 

少なくとも、毎日カップ麺やコンビニ弁当にならないようにはしてます。

 

面倒くさがって適当な食事を続けると、心身ともに不調になりやすくなるためです。病気じゃないけど「なんとなく不調」な日が続いてる場合、もしかしたら食生活が原因かもしれません。

 

それと、運動習慣です。

 

これがあるかないかも、明暗を分けると思います。

 

運動すると体力がつきますから、疲れにくい身体になります。

 

また、血液の循環が良くなります。

 

そのため、血液の滞留がなくなり、脳に血液が送られます。すると脳が活性化し、活発な思考ができるようになります。

 

ちなみに先日、あえて徒歩30分先の店まで歩いて行く、ということをやりました。

 

すると、歩いている間に思考が研ぎ澄まされ、ブログのネタが浮かんできたり、気持ちが前向きになったり、といった効果がありました。

 

何かアイディアを練りたいとき、モヤモヤした気分を吹き飛ばしたいときは、歩くのがおススメです。気軽にやれる運動ですしね。

 

そして、運動は肥満防止にもなります。

 

30代になると、代謝が落ちて太りやすくなります。油断するとすぐ体重が増えます。「食べすぎたかな」と思った次の日には、腹が張ってベルトがきつくなるのです。

 

それを放置したら、そのまま肥満体へと直行するでしょう。

 

しかし身体を動かす習慣があれば、血行が良くなり代謝が良くなるので、太りにくい身体でいられます。

 

運動は心身を整える効果があります

 

そもそも人間は昔、自然界の中で身体を動かしながら生きていました。なので人間の身体は、もともと運動することを前提に設計されているのです。

 

そのため運動不足になると、心身が不調になってしまうのです。

 

身体もメンテが必要

 

家電でも家具でも何でも、長く使い続けていれば古くなっていきます。

 

無茶な使い方をすれば壊れますし、大事に使ったり、メンテナンスしながら使えば長持ちします。

 

自分の身体も同じでしょう。

 

でたらめな食事を続けたり、暴飲暴食ばっかりしたり、大酒を飲み続けたり、無理が続いたりすると、病気になってしまうわけです。

 

そしてそれは、年齢を重ねるほどにリスクが高まります。

 

僕はまだ30代になったばかりですが、今後10歳、20歳と年齢を重ねていくごとに、そのリスクが高まっていくのでしょう。

 

ただ、自分の身体の変化に抗うというよりは、身体の変化に合わせて、自分の意識と生活スタイルを変えていくことで対処していきたいと思っています。

 

そしてうまく年を取っていきたいですね。