30代になって思うこと

自分はいま32歳ですが、30代になると20代の頃とは少し意識や身体が変化します。

 

まず意識ですが、30代になって「若者」というフワフワした存在から、正真正銘の「大人」といえる年齢になったと感じます(中身が大人かどうかは別として)。

 

もっとも、自分の場合は独身ということもあって、考え方とか生活スタイルとかにはあまり変化がなく、感覚的には25歳くらいの頃のままですが。

 

ただ、やはり世間的な見られ方には変化を感じます。「若者」カテゴリーからはどんどん遠ざかっていると感じますし、今までは「若いということで大目に見てもらえた」みたいなことも減ってきます。周囲も結婚したり子供が生まれたりする人が増えて、完全に「大人」な年齢であることを実感させられます。

 

あと書類に自分の年齢を書くたびに、自分が30代であることを実感します(笑)。

 

次に身体面です。

 

一番感じるのは、疲労回復のスピードが遅くなったことです。筋肉痛が一日おきで現れたり、それが2~3日続いたり、徹夜すると翌々日まで元気が出なかったりします。

 

10代、20代の頃のような爆速の回復力を失います。20代までは、多少睡眠不足になってもすぐに回復して取り戻せていたのが、それができなくなります。

 

いまや「オールで遊ぶ」とか無理です!どんな罰ゲームだよ!と思います(笑)

 

20代までは、多少の無理は気合とド根性で何とかなることが多いです。たとえば期末試験の1週間前に睡眠時間を削りまくって勉強して何とかする、みたいなことができてしまいます。

 

しかし30超えてからもそれをやろうとすると、あっという間に体調が悪くなります。無理が効かなくなります。

 

アスリートは30過ぎると引退していきますが、今はその理由を実感します。「ああ、たしかにこれは無理だわ…」と。

 

それと代謝が落ちます。そのため脂肪が燃焼されず、太りやすくなります。

 

食べる量をセーブしたり、運動したりしないと、あっという間に太ってしまいます。僕も20代の頃から5キロほど体重が増えてしまいました(汗)。

 

さらには記憶力がやや落ちます。何かを暗記したいときは、反復の回数を増やさないといけません。

 

何か新しいことを始めるときには、上達のスピードが落ちます。

 

と、まあこんな感じで、30代になると、色々と変化があります。さらに年齢を重ねて30代後半になると、もっと変化が大きくなるのでしょう。

 

人間は必ず年を取ります。10代~20代の頃は、自分は永遠に若いような気がしたりもしますが、必ず年を取ります。それが自然の摂理です。

 

同時に、人生は有限であることを実感します。

 

20代の時よりも、1日1日をしっかり生きないと、あっという間に時間がたってしまうと感じます。

 

どう生きるか

 

ということについて、以前よりもよく考えるようになりました。

 

人生は一度きりです。30代を後悔なく生きていきたいと思っています。

 

30代になって、そんなことをよく考えるようになりました。