冬の朝が寒い!起きれない!それなら「エアコン活用」がおススメ

f:id:ramsyo:20171228013230p:plain

 

寒い日が続きますね。

 

冬の何がつらいって、朝の冷え込みですよね。

 

特に、布団から出るのがつらい。

 

起きなきゃならないのに、寒くて布団からなかなか出られないというのは「冬のあるある」だと思います。

 

前日に「明日は早起きしよう!」と思って寝たはずなのに、寒くて布団から出れず、結局いつもの時間に起き出してバタバタ準備して、家を出る、みたいなことになったりします。

 

そうなる理由は、要するに部屋の中が寒いからです。単純です。

 

なら、部屋の中を暖かくすればいいわけです!

 

起き上がる前にエアコンをつける

 

冬の朝にスムーズに起きるためには、文明の利器を利用してしまいましょう。

 

そう、エアコンです。

 

起きる直前から、エアコンで部屋を暖めておけば、布団から出るのが苦痛じゃなくなります。スムーズに起床できます。

 

ちなみに、目が覚めた時にリモコンでエアコンをつけてもいいのですが、そのやり方だと、部屋が暖まるまでは、しばらく布団の中にいることになってしまいます。

 

なので僕はタイマーを設定しています。大体「これくらいには起きたいな」と思う時間の、30分前くらいにセットしておくと、ちょうど部屋が暖まったときに目が覚めます。

 

今住んでる部屋は6畳程度なので、22度の設定で部屋中が暖かくなります。

 

そうすると、布団からスムーズに出れます。

布団を出るとき、いちいち気合を入れる必要もありません(笑)。

 

エアコンの良いところは、ストーブと違って火事のリスクがないこと。最新式であればあるほど省エネ化していて、電気代があまりかからないこと、ですね。

 

デメリットは、乾燥しやすいので喉を傷めやすいことです。それと、いくら省エネ化が進んでいるとはいえ、やはり電気代はどうしてもかかってしまいます。加えて、部屋が広い(10畳以上)と、なかなか暖まらないと思います。

 

それと、家を出るときにエアコンを消し忘れてしまうと、悲しい気持ちになります(笑)。

 

朝はバタバタしやすいので、割と起こりやすいミスです。

 

 

 

ちなみに、 部屋にエアコンなどないっ!

 

と言う方は、まあ…

 

気合で起きてください