【書評】『5時に帰るドイツ人、5時から頑張る日本人』

f:id:ramsyo:20171215214940j:plain

著者:熊谷徹

 

『5時に帰るドイツ人、5時から頑張る日本人』を読みました。

 

本屋の新刊コーナーに平積みされていたのを見た瞬間、即買いしました。

 

本のタイトルが、日本の労働事情と、ドイツの労働事情を、シンプルかつ的確に表していると思い、興味をひかれたためです。

 

本書の内容は、タイトルにもある通り、日本とドイツの労働環境を比較しているものです。

 

その中でも、特に日本の社会人がうらやむもの、「( ゚Д゚)!?」となるものが、以下の話だと思います。

 

①残業しないのが当たり前

②小売店は日曜・祝日は閉まっている

③有給休暇とは別に病気休暇がある

④有給休暇中に病気になった場合、有給が戻ってくる

⑤2~3週間の長期休暇が当たり前

 

①残業しないのが当たり前

 

ドイツでは法律で企業での労働時間に上限規制をかけている。これは残業時間の上限規制より厳しい。

象徴的なのは、1日10時間を超える労働が禁止されていること。月平均の残業の上限ではなく、毎日10時間を超えて働いてはいけないのである。

1日の労働時間は10時間まで許されているが、6か月の平均労働時間は1日8時間以下にしなくてはならない。

 

p12-13

 

1日10時間といえば、朝9時出勤の場合、間に昼休みをはさんで、夜の20時まで働いたら、強制的に「家に帰れ」と言われるということです。

 

しかも、さらに「6か月の平均労働時間を1日8時間以下にしなくてはならない」ときてるので、実質残業が禁止されているといえます。

 

でも、だからこそドイツ人は過労死と無縁でいられるわけです。長時間労働によって心身ともに衰弱する、ということがないのです。

 

ちなみに、企業の管理職、病院の医長、フリーランスの個人事業主、旅客機の機長や客室乗務員、トラックやバスの運転手、などは例外とされるそうです。また、自然災害や鉄道事故のような緊急事態の際には、労働時間の延長が「許される」そうです。

 

ちなみに、従業員に一日10時間以上働かせていることが判明すると、最高1万5,000ユーロ(180万円)の罰金が科されるとのこと。

 

しかも、

 

起業が事業所監督局から罰金の支払いを命じられた場合、会社の金で罰金を払うのではなく、長時間労働させていた部署の管理職に払わせることがある

 

p66

 

のだそうです。

 

なので部長とか課長とかの管理職にあたる人は、部下の労働時間が長くならないように、必死こいて管理する、というわけです。

 

さらにドイツの場合、従業員から国の機関(事業所監督局)に「長時間労働を強いられている」という訴えがあった場合、その職場の責任者を検察庁に告発することがあるそうです。

 

刑事事件に発展し、裁判所から有罪判決を受けた場合、経営者は最長1年間の禁固刑に処せられる可能性がある。長時間労働を強いるブラック企業の経営者は、罰金ばかりではなく「前科者」になるリスクを抱えているのだ。

 

p55

 

ブラック企業の社長、ドイツだったら逮捕されます(笑)。

 

監視が厳しく、罰則も厳しいので、ドイツではブラック企業が成り立たないのですね。

 

小売店は日曜・祝日は閉まっている

 

ドイツの小売店、デパートとかスーパーとかは、日曜・祝日に営業してません。

 

ドイツでは、日曜・祝日の労働を法律で禁止している。

小売店の営業時間を定めた「閉店法」でも、労働者保護のために日曜・祝日の営業を原則禁止。ドイツでは、駅・空港、ガソリンスタンド、一部のパン屋などの例外を除けば、日曜・祝日は営業していないのだ。

 

p14

 

元は宗教的な理由からです。

 

キリスト教では日曜日を安息の日と定めていて、それを法律でも定めているわけです。

 

僕は2013年にドイツを訪れたことがあるのですが、たしかに日曜になるとスーパーやレストランが閉まっていました。

 

なので、日曜でも開いてる駅の売店でパンを買い、それを食べながら観光してました。外食できる店が開いてないので、そのパンが昼食でした(笑)。

 

日曜日に店が開いてないのは、日本人からすると不便に思えます。 

 

しかし著者の熊谷氏いわく「慣れてしまえば、不便は感じない」とのこと。

 

ドイツには24時間営業のコンビニなどはなく、ほぼすべての店が午後8時には閉まるそうですが、サラリーマンの帰宅が早いため、 それで何の問題もないようです。無理して遅くまで店を開けておく理由がないのです。

 

そういう社会は、店で働く人たちにとっては「働きやすい」社会だと思います。長時間労働しなくていいし、休みを確実に取れるからです。

 

日本もドイツ並みにしろとまでは言いませんが、日本の小売店の「元旦から開店します!年中無休です!」という風潮は、「なんだかなぁ」って思います。年末年始くらいは休みでいいんじゃない?と。

 

日本のサービスレベルや利便性の高さは誇るべきことだと思いますが、一方でそれが従業員たちの過重労働を招いているのも事実でしょう。

 

今のような、日本全国津々浦々に、年中無休で24時間営業の店だらけというのは、やりすぎだと思います。

 

③有給休暇とは別に病気休暇がある

 

日本の職場ではふつう、風邪ひいて休むときは有給を使って休みます。

 

というか、多くの人が「有給って、そういうときのためのものでしょ?」と思ってるんじゃないでしょうか。

 

ところがドイツでは違います。有給とは別に「病気休暇」があり、最大6週間分が与えられるのです。もちろん無給ではありません。

 

ドイツでは、有給休暇と病欠の混同は許されない。法律で有給休暇と病欠を明確に区別している。

ドイツでは、有給休暇とは健康な状態で日常の仕事のストレスから解放され、家族と時間を過ごしたり、自分の好きなことをしたりするためのものだ。

 

p86

 

医師の診断書を提出すれば「病気休暇」として認められ、その間の給料も出る、というシステムです。「病気になるのは従業員本人のせいではない」という考え方です。風邪ひいて熱が出て休む時なども、有給ではなく、この病休を取るそうです。

 

この考え方は日本にも導入するべきだと思いました。

 

日本では一般的に、病気になったらまず有給を取ります。「病休」を取るとしたら、入院が必要なときですが、そういうときでも、まずは有給を消化します。というか、させられます。

 

そもそも「病休」というシステムそのものがない会社もたくさんあります。まるで「病気もケガもすべて自己責任!」と言わんばかりです。で、やたら「体調管理!!」などと呪文のように唱えてくる上司や先輩がいたりします(笑)。

 

けど、いくら気を付けてたって、病気になるときはなってしまうんで、「病気になるのは従業員本人のせいではない」んですけどね。

 

これについては、日本とドイツのどっちが労働者にとって働きやすい社会かは、明白です。日本は完全に後れをとっています。

 

ちなみに仮病使ってズル休みしたのがバレたら即解雇だそうです。なので、この病休を悪用する人は少ないんだとか。

 

④有給休暇中に病気になった場合、有給が戻ってくる

 

これ、初めて知った時は「はぇっ!?」ってなりましたよ(笑)。

 

2週間のバカンス中、1週間は病気で寝込んでしまったとしよう。そのことをメールなどで上司と人事部に連絡し、出社後に医師の診断書(証明書)を提出すれば、有給休暇中に寝込んでいた日数は返ってくる。

 

p88

 

いやもう、徹底してますね…。その発想はなかった!

 

⑤2~3週間の長期休暇が当たり前

 

正直、一番うらやましいのがこれです(笑)。

 

日本では就職すると、長期の休みが取れたとしても、せいぜい一週間程度のところがほとんどだと思います。10日も休めたら「ラッキー」って感じです。1か月以上の休みがあった学生時代とは、ものすごい落差があります。

 

ところがドイツでは、就職しても2週間以上の長期休暇を取るのが普通だそうです。

 

ドイツでは有給休暇を100%消化することや2~3週間のまとまった長期休暇を取ることが、当然の権利として認められ、実行されている

 

p14

 

それが可能なのは、

 

・長期休暇を取るのが当たり前の社会になっていること

・そのため長期休暇を取っても、白い目で見られることがないこと

・誰かが長期間抜けても、業務に支障が出ないようにサポート体制が徹底されていること

 

によるといいます。

 

そういう習慣になっている職場では、長期休暇中の人の仕事を代わりに担当するなんて当たり前のことですから、「俺に仕事押し付けて休みやがって」みたいに思ったり思われたり、ということもありません。

 

なぜなら自分もそのあとに長期休暇を取るからです。「お互い様」なわけです。

 

また、そのことで顧客から不満が出ることもありません。なぜなら顧客自身も、自分の仕事で長期休暇を取る習慣を持つからです。

 

なので「担当の〇〇は現在、バカンス中です」と言われれば「あ、そうですか ^^」で終わるわけです。で、他の人が代わりにきちんと対応してくれさえすれば、何の問題もないわけです。

 

もちろん日本の職場でも、誰かが休んでもいいように、業務の共有化はされているところが多いので、サポート体制の構築については問題ないと思います。

 

ただ、日本で長期休暇を取りにくいのは、周りの目や「長く休むのは申し訳ない」という罪悪感だったりが理由なわけです。

 

つまり社会全体で、長期休暇を取るのが常識化していないのですね。

 

そこが変わっていかないかぎりは、今のままだと思います。

 

一人あたりの労働生産性が高いドイツ

 

以上のように、残業しない、長時間労働しない、日曜日は店が休み、長期休暇当たり前なドイツですが、それでも世界第4位の経済大国であり、EUの盟主であり続けています。

 

その理由は「労働生産性の高さ」にあるようです。

 

2015年のドイツの労働生産性は66.6ドル(7726円)で、日本の45.5ドル(5278円)を約46%も上回っている(OECD調べ)。

 

p31 

 

短い時間で効率よく成果を上げているということですね。

 

それができる理由は、「長時間労働によって疲労がたまる」ということがないため、毎日余裕をもって仕事にのぞめるからでしょう。

 

一人当たりのGDPの数字も、日本よりもドイツのほうが上回っています。

 

f:id:ramsyo:20171216234352p:plain

出典:http://ecodb.net/exec/trans_country.php?type=WEO&d=PPPPC&c1=DE&c2=JP&s=&e=

 

なので、別に残業しまくらなくても、長期休暇を取るようになっても、24時間営業の店が減っても、日本の経済力は落ちないと思います(その代わり労働生産性を上げる工夫は必要ですが)。

 

むしろサラリーマンたちが、仕事から早く帰れるとなったら「寄り道して、ついでに何かを買う」という機会が増えて、日本の小売り業の売り上げが伸びるかもしれません。

 

そしてなにより、長時間労働をなくし、休みがとりやすい社会になれば、過労死を大きく減らすことができるでしょう。

 

 

 

本書は、「日本の常識がすべてではない」ということがよく分かる、とても面白い本でした。