カフェインの離脱症状に襲われた

f:id:ramsyo:20171008232631j:plain

 

昨日はえらい目に遭いました。

 

何に遭ったかというと、記事タイトルでネタバレ済みですが、いわゆる「カフェインの離脱症状」というやつです。

 

コーヒーや緑茶やエナジードリンク、炭酸飲料などに含まれているカフェインは、眠気を吹き飛ばしてくれる効果がありますが、毎日多量に摂取してると中毒になります。

 

もともとコーヒーは好きではなかったのですが、

飲むと眠気が取れるため、4,5年前から毎日職場で飲むようになりました。

 

すると、いつからかカフェイン耐性がついて、1杯では眠気が取れなくなり、一日2杯3杯と量が増えていきました。

 

そして「飲まずにいられなくなる」ようになりました。

 

カフェイン中毒者の出来上がりです

 

こうなると、毎日意味もなく「コーヒー飲みたいなー」と思うようになります。それも1杯ではなく4杯とか5杯です。

 

また、頻尿、倦怠感、貧血気味、というカフェイン中毒の症状も現れてました。

 

カフェインの離脱症状は頭痛と倦怠感

f:id:ramsyo:20171007204357j:plain

 

そして昨日の話です。たまたま、コーヒーを飲みませんでした。

 

すると正午を過ぎたあたりで、激しい頭痛に襲われました

 

これが何もする気が起こらなくなるほど、しんどいものでした。しかもどことなくだるく、倦怠感がありました。

 

で、「あ、これが話に聞くカフェインの離脱症状だな」と気が付きました。いつだったか「カフェイン断ちをすると、まず頭痛との戦いとなる」という話を、ネットで読んだことがあったためです。

  

カフェインは中毒物質であり、ある日急に摂取をやめると、このように離脱症状と呼ばれる禁断症状を引き起こします。

 

ちなみに自分がカフェイン中毒かどうかは、

 

① 毎日意味もなくカフェイン入りの飲料が飲みたくなる

② コーヒー、エナジードリンク、コーラなどを一日に何杯も飲まずにいられない

③ ①と②に加えて頻尿、倦怠感、貧血気味

④ ①と②に加えてなんとなく毎日体調不良な感じ

 

といったことで判断できます。

 

カフェイン摂取量を減らしてみる

 

コーヒーを一日飲まなかっただけで頭痛に襲われるとか勘弁!

 

ってことで、カフェインの摂取量を徐々に減らしていきたいと思ってます。

 

離脱症状以外にも、カフェイン中毒の症状である「倦怠感」も解消できればと思っています。ここ数年、それに悩まされているので。

 

ちなみに目安としては、

 

「コーヒーは一日一杯まで」

「それ以外のカフェイン入り飲料をなるべく口にしない」

 

という方向でいきます。

 

で、ある程度日数が経ったときに、カフェイン入りの飲料を一切口にしないでいたら、離脱症状が起こらないかどうか、見ていきたいなと思っています。

 

www.ramsyo.com