【映画】『散歩する侵略者』~感想~

f:id:ramsyo:20170924225316j:plain

公開:2017年 日本(劇場鑑賞)

 

「散歩する侵略者」を観ました。

 

メインキャストは松田龍平、長澤まさみ、長谷川博己。

 

冒頭、エイリアンに身体を乗っ取られたとおぼしき女子高生が、

家族を血祭りに上げたり、道路で多重事故を起こしたりするという、

不気味なシーンから始まります。

 

これからの展開に期待感の持てるような、派手な幕開けです。

 

…が、実際は予想に反して、淡々とした進行の映画でした。

 

ド派手でテンポのいい娯楽SFを期待すると、肩透かしを食らうかと思います。

 

「概念」を奪うエイリアン 

 

冒頭からオープニングクレジットを経ると、数日間、行方不明だった加瀬真治(松田龍平)が病院に保護され、それを妻のナルミ(長澤まさみ)が引き取りに行くシーンへとうつります。

 

しかし、夫の真治は以前とは別人のように人が違っていたのでした。

 

一方、フリージャーナリストの天野(長谷川博己)は、冒頭シーンの、女子高生が家族を惨殺した事件の現場を取材していると、桜井と名乗る、何やら言動のおかしな少年に話しかけられます。

 

その少年は自らを「宇宙人だ」とうそぶきます。

 

 映画は、松田龍平&長澤まさみ演じる夫婦のパートと、長谷川博己演じるジャーナリストのパートが、交互に進んでいくという構成になっています。

  

キーポイントは、「侵略者」が人間から「概念」を奪っていくということ。

 

たとえば「家族」「所有」「自分」「仕事」といったような。

 

「概念」を奪われた人間は、人格が変わって異常行動をとるようになります。

 

そして「侵略者」は人間から「概念」を奪いつくしたら、最後には地球を侵略するという。

 

ぶっちゃけ、なんで「概念」を奪ってから侵略するのか、よく分かりませんでしたが、桜井少年いわく「侵略者ってそういうものでしょ」だそうです(笑)。

 

消化不良な感は否めず

 

「概念」を奪う宇宙人、と言う発想が面白かったですし、松田龍平の「宇宙人感」のある演技も良かったです。

 

「概念を奪われた人」というのは認知症の人から着想を得たのかなと思いました。なかなか面白いアイディアです。

 

ただ正直なところ、観終えて消化不良だった感は否めませんでしたね…

 

イマイチ話が盛り上がらず、せっかくの「概念を奪う宇宙人」という題材を活かし切れてないなという印象でした。

 

 

残念ながら、自分とは相性の良い作品ではなかったですね(なので感想も短め)

 

 

 

…でもまあ、

長澤まさみが美しかったので良しとする!

 

 

 

評価:★★★☆☆(3/5点)